日本語 ▼

画像からフルカラー 3D ハイトマップ モデルを生成

日付: 3月 23, 2022

カラーハイトマップから 3D モデルを作成する機能がメインに追加されました。ハイトマップツール新しいモードである 3D フォーマットは、カラー ジオメトリ (3MF など) をサポートする 3D フォーマットとサポートしない 3D フォーマット (標準 STL フォーマットなど) で動作します。

色変換

このオプションは、アップロードされた画像の色が最終モデルの高さデータにどのように変換されるかを制御します。デフォルトのオプションはグレースケールです。これは、ピクセルの明るさに基づいて高さの値を決める元の設定です。カラー ハイト マップフル スペクトル ハイト マップの2 つの新しいモードを使用して、利用可能なほとんどの標準的なカラー ハイトマップ形式を解釈できます。

画像の変換先の 3D 形式がカラーをサポートしていない場合でも、ハイトマップ データを使用して正確なモデルを作成できます。

カラーハイトマップファイル

カラーハイトマップの例

ツール モードがカラー ハイトマップに設定されている場合、結果のファイルには、アップロードされた画像からのカラー情報が含まれます。色情報を含む別の画像を指定したい場合は、カラー オーバーレイファイルのアップロード オプションを使用できます。

以下の例では、左側に 2D PNG カラー ハイトマップ イメージ、右側に生成された 3D モデルの部分的なスクリーンショットを示しています。

カラーハイトマップファイル
カラーハイトマップモデル

© 2024 ImageToStl。 PNG および JPG ファイルを 3D STL ファイルに変換します。