いくつかサンプル画像とその結果のSTL出力をまとめました。ご自身のファイルを変換する際には、変換後にファイルを提出できるオプションがあります。ファイルをこのページに含めたい場合は、こちらをチェックしてください。

1. 基本のスワール

ここでは、シンプルなスワールのパターンを使って、シンプルな黒/白の画像に基づいた修正された高さの3Dモデルを作成できます。3Dモデルを構築する際、変換器は、白いピクセルを見つけるジオメトリに10mmの高さを適用し、黒いピクセルには0mmの高さを適用します。

 

2. グレースケールスワール

これは、より複雑なスワールのパターンで、グレースケール画像に基づいて高さの異なる3Dモデルを作成できることを示しています。3Dモデルを構築する際に、変換器は、白ピクセルを見つけたジオメトリに10mmの高さを適用し、黒ピクセルには0mmの高さを適用します。中間のすべての陰影は、最終的な3Dモデルに比例して表現されます。

3. 反転グレースケールスワール

ここでは、同じ画像を使用し、「出力を反転」のチェックボックスを選択します。これにより、最終的なジオメトリが反転します:

 

X

クッキーとプライバシーと設定の変更についてご確認ください。設定を変更せずに続ける場合は、当サイトでのクッキーの使用に同意したことになります。