STLへの画像

WEBPファイルをSVGに変換します

使いやすく無料のツールでベクターファイルを作成します。このツールを使用すると、WEBP (WebP)ファイルをアップロードし、そこからベクターベースのSVG (Scalable Vector Graphics)ファイルを作成して、ベクターファイルエディター内でダウンロードおよび編集/使用できます。または高解像度の印刷アプリケーションに使用します。

ソースのWEBP画像に透明な背景が含まれていない場合は、背景色を指定/削除するオプションを利用できます。私たちのツールは、背景色を自動的に決定しようとするか、削除する背景色を手動で指定することができます。

WEBPをSVGに変換する方法

WEBPファイルからSVGファイルを作成するための3つの簡単な手順を次に示します。

WEBPをアップロードする

WEBPをアップロードする

「ファイルのアップロード」ボタンをクリックし、WEBPを選択してアップロードします。最大ファイルサイズは100MBです。

オプションを選択してください

オプションを選択してください

寸法やその他のオプションを設定し、[SVGに変換]ボタンをクリックしてWEBPをSVGに変換します。

SVGをダウンロードする

SVGをダウンロードする

完了したらダウンロードリンクをクリックして、SVGファイルを受け取ります。

よくあるご質問

WEBPファイルをSVGに変換するにはどうすればよいですか?

まず、[アップロード...]ボタンをクリックし、アップロードするWEBPファイルを選択します。構成オプションを選択します。 WEBPからSVGへの変換が完了すると、SVGファイルをすぐにダウンロードできます。

WEBPをSVGに変換するのにどのくらい時間がかかりますか?

すべてのWEBPからSVGへの変換をできるだけ早く処理することを目指しています。これには通常、約5秒かかりますが、より大きく複雑なファイルの場合はさらに長くなる可能性があるため、しばらくお待ちください。

WEBPからSVGへの変換はどのくらい正確ですか?

私たちは、ツールを使用して最も正確な変換を作成することを目指しています。私たちのツールは絶えず開発されており、毎週新しい機能が追加されています。

ImageToStl.comでWEBPをSVGに変換しても安全ですか?

はい、もちろん!あなたが私たちに提出したWEBPファイルは保存されません。作成された結果のSVGファイルは、アップロードの1時間後に削除され、ダウンロードリンクはこの時間の後に期限切れになります。

Linux、Android、iOS、またはMac OSでWEBPをSVGに変換できますか?

はい! WEBPからSVGのツールは、最新のWebブラウザを備えたすべてのシステムで実行できます。当社の変換ツールを実行するために専門のソフトウェアは必要ありません。

WEBPからSVGのファイル形式情報

拡大WEBP
フルネームWebP
タイプ画像
MIMEタイプimage/webp
フォーマットBinary
で開くPaint.Net, Photoshop

説明

JPEG画像ファイル形式の後継として作成されたWebP形式は、非可逆圧縮が強化されているため、同等のJPEGファイルよりもファイルが小さくなります。この形式は、ロスレス圧縮とアニメーションもサポートしているため、アニメーションGIFの代わりに使用できます。

このフォーマットには、最大幅16384ピクセルなどの制限があります。 WebP画像の表示のサポートは、ほとんどの最新のWebブラウザーで十分にサポートされており、Internet Explorerなどの古いブラウザーでは、画像コンテンツを表示するために追加のプラグインが必要です。

拡大SVG
フルネームScalable Vector Graphics
タイプ画像
MIMEタイプimage/svg+xml
フォーマットText

説明

2001年にW3C組織によって導入された、SVGファイル形式はベクターベースの2D画像の標準Webファイル形式に成長し、最新のWebブラウザの大部分でサポートされています。 SVGファイルは、パス、単純な形状、色などの2Dベクトル要素を含むXmlベースのテキストファイルです。

SVG形式自体は、主にベクター形式であり、テキストだけでなくラスター画像も含めることができます。ベクターベースの形式であるため、SVGファイルはWebサイトの会社のロゴやアイコンに非常に適しています。拡張SVGZを使用し、GZIP圧縮アルゴリズムを採用するSVGの圧縮形式も存在します。